白菜のスープ


はくさいをクタッと煮てスープに。  

・白菜は硬い部分と柔らかい部分に分けて切る。太めの千切りにした。じゃがいもを薄切りに。ソーセージも薄切りに。

・じゃがいもとソーセージ、白菜の硬い部分を塩ふってオリーブオイルで炒める。焼き目がついたらみりん、白ワインを入れてアルコールを飛ばしす。

・ローリエと水、たまねぎ、きのこを入れ、落し蓋して煮る。

・具が煮えたら、白菜の柔らかい部分を入れ、塩胡椒で味を整える。鶏油を入れた。バターでもいい。


朝にスープを作ることが多い。どんな具でもいいんだけど、塩して焼いてから水を入れると、いいダシになる。ソーセージ、鶏肉、豚肉、だいたいいいダシが出るのでマギーブイヨンとかコンソメは入れない。あ、セロリをいためると無敵ダシになることに最近気付いた。あれはやばい!

最後に鶏油やバター、ごま油など、油成分をちょい足しするとすごくおいしい。

意外だけど、レモンを入れるとちょっと変わった風味で美味しい。一緒に煮込んでもいい。和風でも洋風でも中華風でも。

Hayato Setsu

せつはやとのサイトです。 デザイン アートワーク 料理 世界一周 などなど